Concept

半世紀近くを地域とともに歩んだ白雲社

これからも、大切な方の最期のお見送りに心・尽くします

福岡県大牟田市に本社を置く白雲社は、昭和46年の創立以来、大牟田市をはじめ近隣のみやま市・柳川市・熊本県荒尾市などの地域で年間1300件以上のご葬儀をお世話させていただいております。

 「厚生労働省認定1級葬祭ディレクター」や「経済産業大臣認可全葬連葬儀事前相談員」が多数在籍しており、24時間365日体制で、宗派は問わずに家族葬から一般葬、社葬や寺院葬まで幅広い形式のご葬儀を承っております。

 半世紀近くを地域とともに歩んできた白雲社。これからも長年の経験と培った多様な知識を地域に貢献しながら、大切な方の最期のお見送りを心をこめてお手伝いをさせていただきます。

白雲社Blog

白雲社スタッフによるブログ

ブログでは業務以外の内容も幅広く掲載中です

Q&A

皆様からよくある質問

抜粋して掲載いたします

「遺影写真」はどんな写真でも良いのですか?
基本的には大丈夫です。 一般的にはプリントされたお写真、またはデジタルカメラやスマートフォンで撮影された写真データをお預かりしております。まれに免許証などの証明写真で承ることもありますが多少鮮明度にかける仕上がりになります。 これま...
お通夜やご葬儀に来られるお客様の数の予想がつきません。「会葬礼品」はどのくらい用意すればよいので...
目安としては、 ①故人とご遺族のお付き合いの人数。 ②ご親族の人数。 ③ご近所の方々の人数。 ④ご遺族のみなさまの職場関係の人数 を大まかにでも合わせた数を用意されることをおすすめします。 白雲社では、会葬礼品の返品を1個単位で承りますので...
もしものときはまずどこに連絡しなければなりませんか?またどれくらいの人に連絡すればよいですか?
①まずごく身近なご親族にご連絡をお願いします。 ②次に「白雲社」「宗教者の方」へお電話をお願いします。 白雲社本社より担当のスタッフがご依頼の場所(病院、ご自宅、施設等)へ伺います。病院では一般的にご臨終のあと看護師さんによるエンゼルケア(...
役所への届け出はどうすればよいですか?
状況により多少異なりますが基本的な流れは ①医師から死亡診断書を受け取る。 ②死亡届に必要事項を記入し認印を押印する。 ③死亡届と死亡診断書を市区町村の役所に提出する。 ④火葬(または埋葬)許可証を受け取る。 です。この死亡届の提出...
実家のお寺が遠方なので近くのお寺院を紹介してもらえませんか?
もちろんご紹介することはできますが、まずは菩提寺へご連絡なさってみてください。菩提寺の方でお付き合いのある近くのお寺様を紹介してくださることがあります。菩提寺からのご紹介がない場合は、私どもでご実家の宗旨に沿った寺院をご紹介いたします。
Company

白雲社は24時間365日対応する全葬連加盟の専業葬儀社です

概要

会社名

株式会社白雲社

本社所在地

〒837-0911 福岡県大牟田市橘848

TEL
0944-58-7700
FAX0944-41-3055

設立

1971年(昭和46年)12月

資本金

1000万円

代表取締役

脇﨑 佐知子

事業内容

葬祭業(白雲社は全葬連加盟の専業葬儀社です)

アクセス

白雲社の本社は福岡県大牟田市の北に位置しており、県道10号から見上げる丘の上に本社を構えております。本社敷地内に中規模の「白雲社 たちばなホール」を隣接しており、ご葬儀の施行がない際は斎場見学も随時受け付けております。お車でお越しの方は有明海沿岸道路や南関ICを降りて一直線、新幹線も新大牟田駅が近隣にありアクセスも充実しております。

banner
About us

白雲社は地域に合わせたご葬儀をご提案させていただいております

大牟田市・みやま市・柳川市・荒尾市のご葬儀は白雲社へ

 白雲社の企業理念は、「わが社の仕事とは大切な家族を失い、悲しみの中にある遺族(喪家)の想いを真剣に受け止め、心を込めて様々な形で遺族(喪家)を支援する仕事」です。

 時代の移り変わりとともにご葬儀の形も変わり続けております。ですが大切な家族を亡くし送り出す葬送儀礼の文化は今も変わりなくこれからも続いていきます。

 お一人お一人それぞれに人生という物語があるように、ご葬儀もお一人お一人の形が違います。白雲社は企業理念を胸にご遺族に対し心残りのない送り出しを、心を込めてお手伝いをさせていただきます。

すべてのお客様へ安心して白雲社をご利用いただきたいから

白雲社は「葬祭ディレクター」資格者が多数在籍しております

 地域の風習や宗教的な考え方をはじめ、ご家族のこだわりなど現代のご葬儀の在り方は多種多様となっております。

 白雲社を創立以来、多くのお客様のお世話をさせていただいておりますが、よりハイレベルでホスピタリティ溢れるご葬儀のお世話が出来るよう、社員教育をはじめ葬祭業では必須的な資格である「厚生労働省認定 葬祭ディレクター」や「経済産業大臣認定 全葬連葬儀事前相談員」の取得者が多数在籍しており、生花部門においても「厚生労働大臣認定 フラワー装飾技能士1級」の取得者が在籍しております。